結婚式の引出物のこだわりポイント

結婚式の引出物のこだわりポイント

相手を思いやる

何事も最初から人間関係のトラブルになるのを回避するのが、最優先です。 地域によって価値観も変わり風習も違いますので由緒正しく年配者の意見を優先することで、その後の関係が決まるのであれば選択は自ずと決まります。 招待親族の年配者の披露宴のカラオケですら、ビデオ編集で短くするのは絶対しない方がいいです。

こだわりポイント

写真やビデオ撮影にこだわるつもりであるなら、招待客の友人たちに早目にそのことを耳打ちしておく方がいいです。 友人たちは花嫁花婿のことより、お洒落してはりきって来てくれるかもしれません。 良い意味でいつもと違う人に変身する人も現れるかも。 華やかでSNS映えもして、結婚式後の楽しみも増えます。

無難でもそれなり

映像の力が大きいのは、メディアなどの趣向や動向を見てもわかります。 SNSの力も増大傾向で、プロジェクションマッピングを使ってみたり動画を活用する等、目新しく華やかに四次元の時代です。 繰り広げられる色と光の饗宴は感動をもたらし、ドレスアップの新郎新婦もSNS映えです。

地域のしきたり最優先

一見、よく言えば慣れ親しんだ、悪く言えば見慣れた、人の感じ方や評価は千差万別です。
ブランドも食器も素敵で重宝ですが、予算の都合もあります。
藍色の柄の器は、和も洋も料理を引き立て馴染んで、落ち着きがあり人気が定着しています。
飽きがこないことが大切で、誰からも長く愛される器です。
引出物のメインを器にするのであれば、年代を問わず無難な品物になります。
たとえ重なっても、楽しんで使い込める器になります。
繊細な器であれば、軽くてそれ程持ち運びの弊害になりません。
菓子やケーキの詰め合わせなども、披露宴会場がホテルであれば特製の詰め合わせや、流行りの製菓店の菓子詰め合わせも話題性があって喜ばれます。
見た目も楽しさがあって日持ちがするようなものは使い勝手がいいので、結婚後も訪問の際の手土産を選ぶ際に便利で、御用達のお店になるかもしれません。
誰か教えて下さる方や目上の先生などに指導を仰げる場合は別として、わからなければ、百貨店などに店を構えているお洒落で粋なお店で相談すれば、熨斗紙から予算までも相場を教えてもらえます。
教えてくれるお店の人も心得ていて、持参する人の年齢や間柄や要件などを考えて手頃なもので用意してくれ、高い物を勧めるわけではありません。
20代の未婚の間は両親からの名目でもない限りは、目上の方に向け高額なものを持参するのは遠慮して、年齢相応の物を持参するのが「可愛げ」という値ごろ感を指し示すものでもあるかもしれません。
結婚していたり、30代以降は相手のクラスの応じたものを用意したり、心配りする必要も出てくるので、心掛けましょう。

おすすめリンク